手品やトランプなどでも英語の説明書に取り組んでみるのもいいかと思います。
遊び方の説明など、充分理解しているものを英語の説明書で見ると英語がわかったりするかと思います。
英会話のプロといっては変ですが、英会話を使いこなせるかどうかは、その練習にどれだけ時間をかけているかということにも関わってくるそうです。
子どもの頃から習っている人や産まれた時から英語を使う環境にいた人と大人になってから習い始めるのとは違うそうです。
赤ちゃんのうちは絶対音感が備わっているそうなので、音を聞き分ける能力は抜群にあるかと思います。
ただ、それでも大人になるまで使わなければ英語を話すということはないそうです。
言葉は使わないと忘れてしまうとはよく言われているかと思います。
日本語の環境にあるならば、自分では使っていないつもりでもテレビや本やネットでも聞いたり眼にしたりしているものだと思います。
日本に住みながら英会話をするならば意識して使っていかなければならないそうです。
でもそれを勉強とか努力をして・・・というのだと苦しくなるかと思います。
英会話に近道はないという人もいます。
気長に説明書を眺めたり映画を英語で見たりと何気ないことを続けるのも効果があるのではないでしょうか。
話せるようになるためには、英語をたくさん発音して単語を覚えたりすることも必要かと思います。
そんな中でも自分が興味あることを英文にしていくことが良いかと思います。
また、論文などで英語を使いこなしていても会話となると難しいと考えている人もいるそうです。
そういう人は日本人同士の会話も苦手と言われているそうです。
日本語でおしゃべりな人は、英語でもおしゃべりになるそうです。
難しく考えずに「会話」に取り組むのがいいかと思います。

気軽に英会話を楽しむのなら、銀座の英会話スクールなどがよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です