会話をする上で、相槌は必須です。相手の話を聞いているという証明にもなりますし、相槌を打たれた方も、安心して話を続けることができます。言語を問わず大切なことで、英会話においても当然ながら行わなくてはいけません。ただし、日本人は「相槌を打ちすぎる」という難点もあると言われています。逆に相槌を打ち過ぎて、相手の気に障ってしまうということも珍しくありません。英語圏では、黙って相手の目を見詰めていることが、しっかりと聞いている姿勢になります。日本ではプレッシャーに感じてしまう人も多いかもしれませんが、あくまでそれは日本人の感覚です。もちろん、合間に相槌を挟むことは大切です。「Oh really」などを挟むことが多いようですが、これもたまに挟む程度で問題ありません。特に日本人は「うんうん」「へえ」などと言いがちですが、逆に失礼になってしまう場合もあります。相槌を打つ時には、中身のない「うんうん」などではなく、できる限り「相手の話を受けての返し」を意識すると良いでしょう。例えば何かの話に対して「You must be tired(それはお疲れでしょう)」など、何かしらの工夫をして返せればベストです。合間に質問を挟むことでも話が広がります。

日本人は「失礼なことをしてはいけない」という意識が強く、時としてそれが裏目に出てしまうことも珍しくありません。一度身につけた感覚を変えることは難しいですが、英語を話すときには、日本人的な感覚を一旦リセットすることを意識しましょう。実際に外国人と英語で会話をすることで、少しずつ慣れていけるでしょう。英会話教室などであれば、失礼な部分などがあれば直接教えてもらっても良いかもしれません。英語の知識とは別の部分ですので、とにかく実践をすることで改善されていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です