映画を見てもリスニング力は上がらない

よく、映画を見るとリスニング力を上げることができるというアドバイスがあります。確かに、それによって自分がどれだけ英語をリスニングできるのか分かったり、モチベーションの向上には役に立つかもしれません。けれども、リスニング力を上げるために映画を見ろというの的外れです。このアドバイスというのは、主に英語中級者が初心者に対してアドバイスするときによくつかわれます。でも実際には中級者の考えている映画の使い方と、初心者の映画の使い方というのはまるっきり違うものなのです。中級者や上級者の方は海外の映画を見て、出てくる英語表現を実際にどのような使われ方をするのか覚えていきます。そしてある程度英語を聞いて理解することができるので聞いたことのない表現に対しても発音を覚えることができます。一方、初心者はそういったリスニングスキルや語彙力も乏しいのでただ聞くだけになってしまいます。ですので、あまり初心者の方にとっては映画を見てリスニングの勉強をするのはおすすめできる方法ではないのです。
同じような勉強方法としてCDの聞き流しがあります。時間があまりなく、通勤・通学中に英語のCDを聞いて少しでも英語に取り組もうとする姿勢はいいのですが、こういったものは内容を理解せずただ聞いているだけではあまり効果がありません。代りに、内容のあらかじめわかっているものを発音重視で聞いてみましょう、かなり効果が違います。あらかじめ内容や英語表現、何について話しているかなどが分かっているので表現の本当の発音を理解することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です