英会話を学ぶ上で「挫折」は付き物です。挫折を繰り返す人には何が足りないのでしょうか。実は留学経験者や海外在住者の中にも、流暢に話せない方はたくさんいます。海外経験のない人は尚更そうで、時間とお金をそれほどかけずにマスターする人と、挫折を繰り返す人とにはっきりと分かれます。両者を分かつものは何であるのかを知りたい方も多いはずです。

 挫折する人はモチベーションを保てない人だと考えがちですが、その認識は単純極まりないものです。英語学習の習慣が堅固なものになるまで、モチベーションが浮き沈みしない人はいません。大切なのは「モチベーションは必ず下がる」という心得であり、目標が揺らいだ時でも無理なく続けられる分量を正しく把握することです。人は誰しも最初の計画を強気に立てます。ですから習慣にすべきだと思いつく学習分量は、本来の自分のキャパシティを超えるものだと留意してください。最初の自分は「本来の自分」ではありません。目標が揺らいだ時の自分こそ、本当の自分なのです。「目標を達成できなくてもまあよいか」と思い始めた時でさえ、習慣として学習するのが苦にならない分量を、よくよく見極めなければなりません。

 例えば最初に「1時間」と思いつく人は「5分」、「次回までに1冊」と意気込む人は「数ページ」に修正した方が無難でしょう。極端だと思われるかもしれませんが、分量が下がると学習法の幅も広がり、思わぬ波及効果を期待できます。一日に多くの英文を覚えようとすれば、常に紙面やスマホの画面と向き合わなければなりません。手が塞がってしまえば他の仕事が叶いません。しかし一文だけなら頭の中でリピートすれば良く、ハンズフリーで対応でき、「ながら勉強」が可能になります。